プロフィール

AYA SATO
幼少の頃よりクラシックバレエを始め、15歳の頃にストリートダンスに出逢う。

一度ダンスから離れて自然の中に旅がしたくなり、赴いた日本最南端の島、波照間島の浜辺にて月明かりの下、自由に踊る妊婦さんとの出逢いが自分のダンスへの価値観を大きく変える。

もっともっと大きな世界が見たくなり、19歳にて単身ニューヨークに渡り、世界は広い事を肌で感じる。

その後、アジア、ジャマイカ、アフリカなどに飛び、独自のスタイルを追求。

現在は、大好きな母国日本を堪能しながら、タイミングでまた海外にも飛び出そうと計画中。

ストリートダンスチーム【JULIET】やアフリカン生バンドチーム【雷音】のダンサーとしてショーに出演しながら、専門学校やダンススタジオ、フィットネスクラブでのレッスンの他、障害児サークルでの指導や特別支援学校、老人福祉施設など色々な場所でレッスンを開催。
心理学の勉強を4年間行なった後、教育学の勉強を行ないながら、分け隔てないダンスライフ普及を目指す。

また、オリジナルアパレルブランド【SHAREMYWORLD ARTSHOP】を立ち上げ精力的に展開中。

好きなことを仕事に。

永遠に学び続けるダンス好きで在り続けたい。

I`m me. any problem?